イシュタルを買うならココ~!

不完全燃焼です。お通のような凛とした女性になりたいと憧れながら読み続けています。幸村が死に、大阪城が落ち、悲しい状況になります。

3月26日 オススメ商品!

2017年03月26日 ランキング上位商品↑

イシュタルイシュタルの娘〜小野於通伝〜(14) [ 大和 和紀 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

奥方がこのマンガが欲しいと言っていたので!購入しました。真田信繁(幸村)の最期のシーンも良かったです。この巻は、もしかしたら、いつ読んでも うるうる するかもです。丁度!「真田丸」がTV放映されていて!真田信之がでれっーとしているシーシがあったので!夫婦で面白く読むことが出来ました。新刊が出るたびに1巻から読み直しています。この頃の歴史もわかり!楽しいです。最初の頃はストーリーが明快だったのですが、この巻はぐちゃぐちゃしてきて・・お通らしさがないなぁっていう感じです。 後水尾帝の皇子は「萩の宮」なのか「賀茂宮」なのか? お福は「稲葉正成の娘」ではなく「元妻」の筈ですが? コミックスになる前にきちんと確認して欲しいですねーってかしてる筈なのになんで?? せっかく和紀センセー頑張ってらっしゃるんですから!周囲のバックアップもしっかりして欲しいです!真田丸の放送と重なっていたので!別の見方ができて良かったです。それでも、前向きに生きていくステキな女性の物語です。お話は、ちょうどNHK大河「真田丸」とかぶる真田兄さんの…なんか細かい間違いに気付いた14巻でした。やった!太郎君再登場。いつもながら、全ペーシがカラーかのような素敵な絵に感動します。なかなかいいキャラに育って…。しかし!某大河ドラマではえらい書かれ様だったねぇ!於通さん。幸村の死から徳川和子入内前までと!激動の時期を上手に描いていました。いつものことながら、絵が美しいです。まぁ!謎多き京の才女ってことで…。もともと和紀ファンなので一挙両得です。かっこいいオンナじゃないっていうか。吉川英治宮本武蔵に出てくるお通は小野於通がモデルって…!ほんとかなぁ〜!あのお通は才女だけど自立した女性って感じはなかったけどなぁ…。でも、ドラマで描かれていた於通に、すごいギャップを感じました。実際の和子はあまり幸せだったと言えませんが!この著者なら幸せな和子を描いてくれるかな!と次巻にも期待。